セルフジェルネイルの手順

ジェルネイルは専門的な知識や技術が必要だと思われがちですが、
初心者でもキットを使えば簡単にネイルをすることができます。

 

ここでは一連の流れを説明していきますので参考にしてみて下さいね。

 

@ まずは下準備

 

まずはいきなりジェルを塗るのではなく爪の生え際付近にある甘皮を取り除きます。
そして形や長さを整えて爪の表面をサンディング(削る)します。
(サンディング不要のキットもあるので削りたくない方はそちらがおすすめ)
終わったら残った油分を取るためネイル用の消毒液をコットンなどに乗せて拭きます。

 

A クリアジェルを塗る

 

@で下準備ができたら次はベースとなるクリアジェルを塗ります。
爪の真ん中くらいに乗せて全体に伸ばすように。
塗れたらライトを使って硬化させます。
この時の照射時間などはキットによって異なりますが、
長く照射しすぎると仕上がりが悪くなってしまいますので時間には注意が必要です。

 

B カラージェルを塗る、アートを施す

 

Aでライトをあてて固まったら今度はカラージェルを塗ります。
要領はAのベースを塗る時と同じでOKです。
ストーンなどを付けたい時はカラーの塗りと硬化が終わってから。
その後でまた薄くクリアジェルを塗ります(爪の上でずれないようにするため)
そしてその上にストーンなどを乗せてまたライトで硬化させます。

 

C 仕上げ

 

仕上げにまたクリアジェルを塗ってライトで硬化させます。
私はいつも1回でツヤや丁度いい厚みになりますが、
ご自分の好みの厚みになるまで何度か繰り返してみて下さい。
大体、2〜3回ほど繰り返せば十分です。
最後に未硬化のジェルを拭き取って完了です。
(完全硬化タイプのものでしたら拭き取りは必要ありません。)

 

スターターセットによって若干変わりますが基本の手順は以上になります。

 

ビギナーさんの場合はキットには上記の流れで必要なものは最初から揃っているのでバラバラで買うよりもお得に初められます♪

 

⇒当サイト厳選!ジェルネイルキット人気ランキングはこちら