ジェルネイルのフィルインのやり方

ジェルネイルをして数週間もすれば爪も伸びてきますよね。

 

だからといってすぐにオフしてまた塗っていくのではなく、
フィルインというお直しをする事で爪も良い状態を保つことができます。

 

※フィルインとは自爪が伸びて見えてきた根元部分を直して修正する方法のこと。
ここではその具体的な方法をご紹介します。

 

@まずは爪や手をキレイに

 

余計な油分を取るために爪や手をエタノールなどでキレイにしておきます。
そのあと、伸びてきた事によって見える根元の自爪部分の甘皮を取り除きます。

 

Aネイルと自爪を馴染ませる

 

ネイルが塗られている部分を削って薄くして、
自爪との段差がなくなるよう馴染ませます。

 

最後の仕上げの綺麗さに影響が出る部分ですので、
この時に削って出たカスはコットンなどで拭いて、
キレイに取り除いておいておくのを忘れないようにして下さいね。

 

Bジェルを塗る

 

自爪の部分にベース用のクリアジェル、そのあと全体にカラー、
最後に全体にまたクリアジェルを塗ってそれぞれ硬化させます。

 

C最後の仕上げ

 

完全に固まらなかったジェルを拭き取って完了です。

 

ちなみに右の写真はグランジェというスターターセットに付属のクリーナーとスポンジ。

 

完全硬化タイプのものなどジェルネイルキットによって、
この拭き取りが不要な場合もありますので、
できるだけ簡単にやりたいという方はそういったタイプを選ぶのもおすすめです。

爪への負担を減らせるのも魅力

以上がフィルインの大まかな手順です。

 

爪が伸びては繰り返してを行い全くオフしないのも良くありませんが、
頻繁にオフして最初から塗り直すよりはジェルの節約にもるので金額的にも浮きますし、
何より自爪へのダメージを最低限に抑える事ができます。

 

フィルインの方法を覚えておけば見栄えが悪くなってシールでごまかしたり、
恥ずかしい思いをするなんてことも無くなりますのでぜひ試してみて下さい。